忍者ブログ
カナリヤの日記
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミュンヒハウゼン症候群と同じく自分に周囲の関心を引き寄せるためにケガや病気を捏造する症例だが、その傷付ける対象が自分自身ではなく「身近にいる代理の人間」であるケースを指すという。この症例は子どもを持つ母親に多く見られ、その傷付ける対象の多くは自分の子ども。子どもに対する親心の操作であったり、懸命または健気な子育てを演じて他人に見せるによって同情をひいたりする。そのような人間関係の操作を行い、自己満足することも挙げられる。またアメリカでは、年間600~1000件近くの「代理によるミュンヒハウゼン症候群」の症例があるといわれ、その数は近年増加傾向にあるという。日本で注目される前に欧米では既に社会問題となっている。また、シュライアー博士によれば、この「代理によるミュンヒハウゼン症候群」の患者の約25%が、以前に「ミュンヒハウゼン症候群」を患っていた事が知られていると指摘する。

他者を傷つけているからといって、決して殺害が目的ではない。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

子供の病気

PR

6月27日18時10分配信 CNET Japan

 Microsoftは米国時間6月27日、「Windows Live」で写真共有サービスとウェブベースのホステッドストレージサービスを開始する。これらのサービスは今のところ、事前に選ばれた数千人のユーザーのみが利用できる。

 1つ目の新サービス、写真共有の「Windows Live Photo Gallery」(ベータ版)は、本質的には「Windows Vista」に組み込まれている「Windows Photo Gallery」のアップグレードといえる。だが、「Windows XP」にも対応した。写真管理プログラムが拡大されており、ユーザーはブログサービス「Windows Live Spaces」に写真をアップロードできるようになった。

 2つ目の新サービスである「Windows Live Folders」(仮称)はオンラインストレージツールで、ユーザーはファイルをバックアップしたり、友人と共有したり、一般に公開するなどのことができる。ベータ版プログラムでは、テストユーザーは500Mバイトの容量を利用できた。Windows Live事業グループ担当ゼネラルマネージャ、Brian Hall氏によると、誰とでもファイルを共有できるが、ファイル共有に招待された人はWindows Live IDを利用してユーザー認証を行う必要があるという。

 Microsoftは今後数カ月の間にいくつかの新サービスを発表する見込みで、今回の2つの新サービスはその第一弾となる。Microsoftは数カ月前からサービスを選別し、大黒柱のHotmailをアップデートする一方で、新しいサービスを追加し、さまざまな製品を密に統合していく戦略のようだ。

 Hall氏はこれを、Windows Liveの「第2世代だ」と説明する。

 MicrosoftがWindows Liveの取り組みを発表したのは2005年11月のことだ。当時、Googleなどの企業が提供しているウェブベースの無料サービスに対抗するものとみられていた。
 
「Yahoo!ニュース」より

<おすすめブログ>

かちいろの日記
http://domako0016.blog.shinobi.jp/

きれいきれい
http://kireikirei.osakazine.net/

日本においては公開買付けを略してTOBと言う事が多い。この語源は英語のtakeover bidであるが、英語圏ではTOBという略語はあまり使われない。英字新聞等で正確に書くときはtakeover bidとフルスペルで綴られるもののこの言葉は意味として買い付けの申し込みという意味のbidに重点があり、短縮表現としてはtakeoverを省略したbidが用いられることが多い。また注意されるのはtakeover bidというイギリス式表現のほか、tender offerという表現があり、こちらがアメリカ英語だということである。そのため投資銀行の世界では、takeover bidという言い方よりもtender offer or public tender offerという言い方の方が通りやすい。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

株式

サラ金カードと同様、使いすぎ・借りすぎに注意をして無理のない返済計画を立てて利用すること。
消費者金融は遅延損害金による収入を目当てに、数日の遅延なら見逃す会社が多々あるが、ローンカードの場合は、1日の遅延でも新規貸出を停止にし、債権回収される(契約書面に記載)ケースもある為、返済日には充分な時間・金銭的余裕を持つ事。(銀行口座からの自動引落の場合には、口座の残高に注意のこと。)
有担保型(任意に不動産などの抵当権をつけて契約するものと)のカードローンは、収入など利用者の属性を考慮せず、抵当物件の評価額に応じて貸付枠を設定する業者も有る為、無担保型より高額な貸付枠で低利に利用できるが、延滞などの貸倒が生じた場合、抵当で債権回収されるため、返済にはより充分に注意されたい。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

キャッシング

銀行系消費者金融とは、設立当初、主に銀行と大手専業会社(一部信販会社などとも)の合弁で2000年から2002年頃迄に設立された消費者金融会社であり、主にサラリーマンや公務員など継続的に安定収入のある人物を対象としているが、銀行本体のカードローンでは収入などの属性で借入が難しい人物で、専業会社で借りるには(専業会社から見て)高属性の人物で有るといった、銀行ローンと専業の中間クラスの様な人物層を対象としたものである。

資金面で出資者である銀行等のバックアップが有るなどして、利息制限法の基準の範囲内の貸出利率で営業しており、専業会社と違って有人店舗を持たず、郵送や電話・インターネットなどで申込出来、比較的短時間(1時間程度)で審査の可否が決定し、契約が成立次第ローンカードを郵送するなどして利用が可能になるものである。

この申込み時の審査に、出資者である消費者金融会社に蓄積されたデータとノウハウを活用することによって、迅速な審査の可否判断が可能になっているほか、万一、延滞事案などが生じた際の債権回収なども実質的に消費者金融会社側が請け負う様になっているのが殆どである。

課題点としては、貸付枠が無担保で最大300万円と大手専業会社よりも高額で有る事から、利用額や期間によっては利息だけでも相当な金額になりかねない事などである。利息制限法の基準の範囲内とはいえ18%の利率が一般的であり、厳格な債権回収を行う点は消費者金融専業会社と何ら変わりない(訴訟、強制執行)。弁護士・認定司法書士等が任意整理を受任した場合は、利息の引き直しは無く、将来利息は原則として付けずに残債務を一括・分割返済(3-5年)する。

また、消費者金融と言う言葉や金融会社に抵抗を覚える人も数多くいる事から、当初から「XX銀行グループ」と強調したり、「個人向けローン会社」などの表現を全面的に出すものが多い。

(しかしながら銀行でも無く、貸金業登録を行い、消費者金融専業会社等のバックアップの上で金銭を貸し付けている訳であるから、正直に表題の様な表現が適切ではないかと思われる。)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

銀行と消費者金融



忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索