忍者ブログ
カナリヤの日記
[35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[東京 1日 ロイター] 
世界の原材料セクター(鉄鋼など素材を含む)のM&A(合併買収)における
ファイナンシャル・アドバイザー(FA)のリーグテーブルは、上位を外資系の
投資銀行が占め、実績やノウハウを積んでいることが示されている。
 新日本製鉄<5401.T>と住友金属工業<5405.T>の経営統合計画で、2月末
までにFAに内定した計8社の投資銀行の顔触れをみても、新日鉄にJPモルガン
<JPM.N>とメリルリンチ日本証券、住金にゴールドマン・サックス<GS.N>、ドイツ
証券<DBKGn.DE>と外資が4社入った。
 国内系の投資銀行でFAに内定したのは、新日鉄がみずほ証券と三菱UFJモルガン・
スタンレー証券、住金は日興コーディアル証券と大和証券キャピタル・マーケッツ。
 
 案件の規模が大きければ大きいほど、起用されるFAの数は多くなる傾向がある。
 2006年にミタルがアルセロールを買収し、世界最大の鉄鋼メーカー、アルセロール
ミタル<MT.N><ISPA.AS>が誕生した際のFAは、ミタル側がクレディ・スイス<CSGN.VX>
<CS.N>、ゴールドマン、シティグループ<C.N>の3社。
 アルセロールは9社起用し、ドイツ銀行、メリルリンチ、BNPパリバ<BNPP.PA>、
カリヨン、バンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(BBVA)<BBVA.MC>、
UBS<UBSN.VX>、モルガン・スタンレー<MS.N>、サンタンデール・セントラル・イスパ
ノ<SAN.MC>、ホークポイント・パートナーズだった。 [東京 1日 ロイター] 
                                     

ふ~ん、錚々たる顔ぶれだけど、さて、新日鉄の株価にはどう影響するのでしょう。
合併が決まったニュースが流れた日だけ一気に駆け上ったけど、その後は
空けた窓をうめるためにか値を戻しています。
 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索